顔の産毛処理で肌荒れした女子必見!正しいケアの仕方

顔の産毛処理をして、肌荒れしたことありますか?

 

自分で顔の産毛を剃るときには、正しいケアの仕方を知って、肌荒れしないように注意しましょう。

 

ここでは、顔が肌荒れしてしまった原因や、肌荒れを克服するための正しいケアについて書き留めておきます。

 

一刻も早く美肌へと回復していきますように!

 

 

 

 

 

 

 

 

顔の産毛処理で肌荒れした女子必見!

顔の産毛を自分で剃って肌が荒れてしまった場合の原因を以下に記しますので、思い当たることがあったら次回から気を付けるようにしましょう。

 

  • 剃る前に顔を洗っていなかった(顔を剃ったときの小さな傷から雑菌が入って肌荒れの原因になります)

 

  • 剃った時、顔が乾燥肌だった(乾燥した肌に刃物を当てると傷が付きやすく、肌荒れの原因になります)

 

  • 剃る時に、顔にクリームを塗っていなかった(クリームを付けずに直接肌にカミソリを当てると肌が傷つきやすくなります)

 

  • 顔を剃った後、保湿をしていなかった(産毛を剃るだけでなく、肌の表面も削ってしまうので保湿は必ずしましょう)

 

  • 切れのいいカミソリを使っていなかった(使い古したカミソリで剃ると肌が荒れます)

 

  • 肌が柔らかくない状態で剃った(顔が冷えているなど、肌に柔軟性がないと、カミソリで肌がきずつきやすくなります)

 

 

どれか一つでも当てはまるものがあれば、肌荒れする可能性があるので注意してください。

 

また、顔の産毛処理をした頃に、たまたま寝不足が重なっていたり、食生活が乱れていたり、ストレスを抱えていたりした場合は、それらも肌荒れの原因になっているかもしれません。生理中や生理の前に肌荒れしやすい人もいます。

 

肌荒れを防ぐためには、普段から規則正しい生活や、健康的な食事、適度な運動などを心掛けましょう。

 

 

正しいケアの仕方

顔をカミソリで剃るときの正しいやり方についてはこちらの記事に書いてありますのでご覧ください。

 

もうすでに肌荒れしてしまっている場合は、痕に残らないように、市販の治療薬で早急に手入れしてあげましょう。

 

 

良くならない場合は、皮膚科のお医者さんに見てもらうのがいいですね。

 

顔のお肌の正しいケアの仕方ですが、赤ちゃんの時は誰でもプルンプルンの肌です。小学生の時も大人と比べるととてもきれいな潤った肌で、普通は毎日顔を洗って清潔を保つくらいで、ケアと言える程のことは必要性を感じていなかったはずです。

 

でも、いつから正しいケアを始めるべきなのかと言えば、顔の産毛を自己処理したいと思うようになった時、確実にその時が始めるべき時です。

 

 

まず、顔をきれいに洗うのは基本ですが、使用するソープなどによっては顔の油脂を必要以上に取ってしまうので、きちんとケアしてあげます。

 

保湿

肌に潤いを与えるために、化粧水を付けます。その上に乳液を付けることで、化粧水によって補われた水分を閉じ込めて、潤いを長く持続させます。保湿力が高いものや、香りのあるもの、敏感肌用のもの、コスパの良いものなど、沢山の種類があるので、自分に合ったものをみつけるといいと思います。

 

 

乾燥した季節であったり、乾燥肌の場合など、更にクリームなどを付けても良いでしょう。

 

 

カミソリで顔を剃る時に付けるクリームは、顔を保護するためのものなので、高価なものである必要はありません。例えばニベアはホホバオイル配合で保湿にもいいですよね。

 

 

肌が乾燥していないのであれば、化粧水、乳液を省いて直接クリームを塗ってしまっても大丈夫です。

 

 

顔の産毛処理で肌荒れ・まとめ

顔の産毛を剃って肌荒れしてしまった場合の原因について記載してあります。当てはまるものがあったら、これからは肌荒れしないよう、気を付けるようにしましょう。

 

既に肌荒れしてしまっている場合は、市販されている治療薬で手当てしてあげましょう。それで直らない時には皮膚科の専門医に診てもらってください。顔は大切にケアしてあげましょう!

 

肌荒れが治って、また産毛処理する時には正しいケアをしてください。年とともに、顔はお手入れが必要となっていきますから!

 

 

 


カテゴリー