子供の産毛がひげのようになったら、親が処理してあげないと危険かも!

 

 

 

子供の産毛も、ひげのようになることがあります。そんな時、子供は何をするでしょうか?気になったら、指で抜こうとすると思います。早く親が気が付いて処理してあげないと、危険かもしれません。子供はそういうことを親に相談せず、自分で解決しようとするんですよね。ここでは、適切な処理方法について解説しています。

 

 

子供の産毛がひげのようになったら

子供の産毛が女の子でもひげのようになることがあります。全体的に均一にひげのようになっていると、女の子だと、本当にかわいそうです。全体的にではなく、1本だけひげのように固くなって生えてくる場合もあります。この場合は、男の子でも気になって、無理に手で抜こうとしてしまうかもしれません。

 

子供ってそういうことは親に相談しないで、自分の頭で考えて解決しようとするんですよね。それで、どうするかというと、指で産毛を抜く癖がついてしまったり、毛抜きで抜こうとするかもしれません。

 

なかなか抜けないと、一生懸命になりすぎて、周りの皮膚までつまんでしまったりして色素沈着を起こして、肌がうっすらと茶色くなってしまうことがあります。もっとひどいと、肌を傷つけていて炎症を起こすこともありますし、埋没毛といって、毛先が皮膚の中に入ったまま伸びてしまうようなことになる可能性もあります

 

でも、親の見ていないところでやっているので、親はなかなか気がつきにくいと思いますが、ひげに気が付いたり、口元に茶色いあざができていることに気づいたりしたら、子供の産毛の処理を手伝ってあげられるといいですね。

 

 

子供の産毛の処理方法

以下に、子供の産毛の処理方法を記しておきますので参考になさってください。

 

  • 電動シェーバーで剃るーこれは、子供でも危なくないのでおススメの方法です。子供でも持ちやすいもの、女の子であれば、女性用のものを用意してあげるといいですね。

 

  • 剃刀で剃るー一番安いこの方法は子供がやるのは危ないので親が処理してあげられるといいと思います。安全ガード付の剃刀で、清潔にしてある肌をシェービングクリームなどでしっかり保護して剃ります。剃った後は保湿もしっかりしてあげましょう。剃刀はこまめに新しいものに変えることで、肌に負担をかけずに剃ることができます。

 

  • シェービングサロンや理容院で剃ってもらうーお金はかかりますがやはり、プロの方に剃ってもらうと安全に、きれいにできます。

 

  • 脱毛サロンで脱毛してもらうー剃るとまた生えてくるので永遠に続きますが、脱毛だと、毛がなくなるので、後が楽です。小さな子供でも痛みがなくできる脱毛サロンもありますので、一度、親子同伴で、お試しに行ってみるといいですね。おすすめ→【キッズ脱毛ディオーネ】
  • 塗りながら産毛を薄くしていくー剃刀で剃った後や、剃っていない時も、毎日塗っていくことで、産毛を薄くしていき、剃刀で剃る回数がだんだん減っていくので子供の産毛対策におススメです。毎日塗るのは子供が自分でできるのもいいですね。→つるピカのお肌に 話題のジェルME

 

 

 

子供のひげは親が処理してあげないと危険・まとめ

子供の産毛でもひげのようになることがあります。全体的にひげのようになっている場合もありますし、1本だけ突然変異のようになることもあります。いずれにせよ、子供が親に相談するとはかぎりませんが、気が付いたら親が産毛の処理を手伝ってあげられるといいと思います。

 

顔にいつも指をあててつまむような仕草が見られるときには要注意です。

 

 


カテゴリー